意外とお手軽二重整形の費用

二重の整形に費用はいくら位かかるのか|魅力的な目元をつくる

バレたくない場合に

安い費用とはいえ、せっかく二重整形手術にするのですから、満足いく仕上がりを期待したいですよね。特に周囲に整形したことはバレたくないけど、でも変化はわかってほしいという人は多いです。

特殊な糸を使う

長く二重をキープできる埋没法の手術では、特別な細い糸を使用しています。一般的なプチ整形よりも費用は高額になりますが、持続性や安全性からも人気の方法となっています。

片方だけでもOK

もともと二重の人や、片方だけ二重の場合でも整形手術を受ける人は多いです。左右の目元のバランスを整えたり、二重の幅を調整することで、より理想的な顔に近づけることが可能になります。費用に関しては、片目だけなら安く抑えることができます。

埋没法と切開法

目

目は口ほどに物を言うという言葉もあるように、目は顔の中でも特に重要なパーツです。目の印象で、その人の印象が決まってしまうこともよくあります。日本人などアジア系に多い一重の人はキツイ印象や、恐いイメージを与えることが多いです。欧米人など二重の人は、パッチリした瞳で彫りが深く、明るく美しい印象を与えます。美意識は時代や文化によっても大きく異なりますが、今は日本でも、欧米人のようなパッチリした二重に憧れる人が多いです。ないものねだりといった要素もあるのでしょう。また、芸能人やモデルの多くが二重なので、憧れの対象として二重が見られるという現状もあります。そのため最近では、二重の整形を行なうケースも増えています。一重の人でも安い費用で二重になれるので、若い世代から年配の方まで、老若男女問わず患者数は多いです。プチ整形と呼ばれる簡単なものであれば、数万円というリーズナブルな費用で受けることができます。メスも使わず日帰りであっという間に施術を受けることが可能です。埋没法では、1点どめ、2点どめ、3点どめ、4点どめなど、二重をとめる数で費用も変わってきます。4点どめになると、20万円近くは費用はかかってくるはずです。

他には、切開法と呼ばれる手術も人気です。これは、皮膚を切除するので、よりクッキリとした二重の幅を作ることができます。プチ整形とは違って、元には戻らないのでずっと二重をキープしたい人には向いている手術です。特に年配者は、加齢によってまぶたが重くたるんできますので、切開法でスッキリとした若々しい目元を作り出すことができて支持されています。切開法は値段は上がって、30万円程度はかかってきます。

また、二重の整形とともに涙袋をつくったり、目頭切開を検討する人も大勢います。二重をより印象づけるためには、目のまわりの整形手術を行なうことで、より相乗効果が期待できるからです。涙袋はヒアルロン酸を注入するなどプチ整形になるので、比較的気軽に受けることが可能です。